ショッピング枠現金化はNO!比較サイトも気を付けて!

ショッピング枠現金化はNO!比較サイトも気を付けて!

なぜショッピング枠現金化を選択する人が後を絶たないの?

クレジットカードのショッピング枠を利用して換金を請け負う業者があることをご存知でしょうか?2010年の賃金業法の改正によって総量規制が設けられるようになり、借金が年収の3分の1までしかできないようになりました。

 

これにより消費者金融からお金を借りたくても借りられないという方が利用するようになったのがこのサービス、通称ショッピング枠現金化です。

 

ショッピング枠を利用して普通に買い物をしているように見せかけて、キャッシュバックを受け取って現金を手に入れることができたり、買った商品をもう一度買い取ってもらうことで現金を手に入れることができたりといったことが可能で、これは総量規制に引っかからない手段としてひそかに人気が出てきています。

 

借金がこれ以上できないといった場合の救世主のような存在と思えますが、このサービスの利用をお勧めできない理由があります。

 

ショッピング枠現金化業者のサイトで還元率98%などと書かれているのをみかけますが、これは10万円分のクレジット決済を行うことで9万8000円の現金を手に入れることができるという意味なのですが、逆に考えると9万8000円借りて2000円の利子が付くということになります。

 

来月に一括引き落としされるとしても、利息制限法や貸金業法での最大利息は18%なので9万8000円を借りた場合には最大でも1449円の利息しかつきません。

 

つまりショッピング枠現金化業者の提示している数字通りに換金が行えたとしても、違法な利率での貸付を受けていることになります。

 

1449円と2000円の違いは大きなものではないと考えて、審査の不要なショッピング枠現金化を利用したいと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、今例に出した98%というのは最大で98%ということなので、そこを注意して考えてみてください。

 

実際の相場として挙がる還元率はおおよそ80%くらい・・・10万円を借りても8万円しか現金化することができないのです。

 

1449円と2万円の違いは大きいですよね?しかもこの2万円が利子となる場合、年利はなんと248%もの数字になります。

 

法律での最大利息は18%なので明らかに違法な数字ですよね。

 

現在、ショッピング枠現金化業者を逮捕する明確な法律というものは存在していませんが、グレーゾーン金利が撤廃されたのと同様に、近い将来この換金方法を特定した内容で法律を制定され、規制されるようになることも考えられます。

 

利用しているといざ法律が出来たというときに大変な目に遭うことが考えられますので、ショッピング枠現金化は絶対に利用しないほうが良いと言えます。

 

ショッピング枠現金化を即日判断するための比較サイト

 

何も行動を起こさずに、直で申し込みをする事は非常に勿体無いと当サイトでは考えます。

 

友達がショッピング枠現金化業者のリピーターでした

 

友達で一人、やたら羽振りが良い奴がいます・・・まあ単純に浪費家なだけだと思うんですが、彼が財布を開いた時に見てしまったのですが、まあすごい光景を目にしてしまったんです。

 

カード入れにはまさかのクレカが5枚、しかも3枚はゴールドというよく分からない発行状況。

 

つい聞いてしまったんです、パンドラの扉を開けたい好奇心だけで口が走ってしまったのですが、

 

「なんでクレジットカードをそんなに持っているの?しかもゴールド3枚?同い年だし、まだ成功を収める様な年でも無い出世でもしたの?」と。

 

・・・間が空いて彼から返ってきた答えに茫然。

 

「実はさ、数年前にショッピング枠現金化に手を出してそこからコツコツと利用を続けたら優良顧客として認められたのか、ランクアップした!」

 

oh・・・。

 

でも、やっぱりこんなことか、と内心感付いていた部分は有ったんです。

 

僕は人材コンサルティングの会社で勤務した経験もあり、人の分析に携わっていた経験を活かし(?)、ショッピング枠現金化を利用してしまう彼の特徴をまとめますが、金銭トラブルを防ぐ為に活用していただき、近くにこれらの兆候を感じる様な人物には要注意していただけると幸いです。


  1. 宝くじを買っていた
  2.  

    宝くじの費用は半分が運営費になってしまう効率の悪いギャンブルとして有名です。

     

    お金持ちは、まず宝くじなんてものは買いません。

     

    以前10万円分の宝くじを買っていましたが、1000円くらい当たって終了しました。

     

    こんな効率の悪いギャンブルはありませんよね。

     

  3. 時間を無駄にする
  4.  

    彼の頭の中で、なぜ人間はお金を稼ぎたいのかという質問をした時に「大量の時間を確保したいから」ということを言います。

     

    子供を作って家庭を築きたい、世界旅行がしたい、デュアルライフを展開したい、仕事から早く開放されたい、など。

     

    人生のあらゆることには時間とお金がかかるもので最もらしい答えでは有りますし、多かれ少なかれ私たちは時間を確保するために、大量のお金を稼ぎたいと思います。

     

    しかし、彼は口だけで実行しない人で時間にはルーズで職場でもよく怒られているそう。

     

    時間を無駄にする人というのは、お金を稼ぐ気がまったくない人、と言い換えることができます。

     

  5. 月収にこだわる
  6.  

    お金持ちになる人は、あまり月収にはこだわらず、一気に稼ぐことを考えます。

     

    つまり「安定した稼ぎ」というものに関心がない人が多いのですが、これはビジネスサイクル上でも当然で需要と供給が常に変化する以上、その稼ぎもまた、いつでも不安定になるものです。

     

    つまり雇用されている労働者の多くに共通する「安定的に稼ぐ」という発想自体がビジネス的には不整合と言え、時給1500円とか月収25万円とか、そういった数字にこだわらず一気に一攫千金して貯蓄することを考えられる人は、やはりお金持ちになりやすいですが、彼は「派遣社員」であり、確かに月収だけ見たらそこそこの金額ではあるものの、何の保証も無く只々与えられた仕事をこなすことで満足感を感じているようでした。


如何に彼がショッピング枠現金化しやすい人物で有るか理解して頂けたかと思います。

 

僕はその疑いが確信に変わった日を最後に、彼との付き合いは辞めました。


ホーム RSS購読 サイトマップ