2016年12月

2016年12月

ショッピング枠現金化の使い道について気になったことはありませんでしょうか?自分自身でこれから使う理由を改めるキッカケにも繋がりますし、他人の経験を知る事は決して無駄ではありません。

 

それを知って結果的に利用しなくても良かったという人達もいるでしょうし、他にも手段を選べた方もこれで金策をしてはジョーカーを早く切る事と全く同じです。

 

いろいろな手段を模索していよいよ最後!という時こそこのサービスの出番。

 

しかしながら現金で支払うものに対してショッピング枠現金化をするわけですが、この21世紀はショッピング枠を利用して支払えるものの拡充が行われている事をご存知でしょうか?流行りに敏感なWEB媒体では記事の一つとして取り扱われているのですが、一般新聞では扱いが小さい内容なので知っている人はそう多くないのかもしれません。

 

衣食住のほとんど

 

洋服や食事関係につきましてはクレジットカードが使われるシーンが想像できやすいかもしれませんが、"住"についてはまだまだ昔ながらの慣習のイメージが強いせいか広まっていないようです。

 

20歳を過ぎれば多くの人が仲介業者に足を運んで賃貸住宅を借りる事になりますが、その際に支払う前家賃や敷金礼金等の出費項目の合計は家賃の数倍にもなり大金が必要になりますよね?そんなときにクレジットカードで支払いが可能となる動きが進んでいるのが現在で、当然分割もリボもできますから頭金が無くても賃貸借契約が出来るという事です。

 

お医者さん

 

これもまた知られていないのですが、医療費関係は国立系病院では積極的に導入が進んでおり開業医におきましてはまだまだという印象です。

 

調剤薬局では既に導入されているところが多数を占めているのではないでしょうか?当然大手ドラッグストアでも処方箋を受け付けてくれますし、そういうお店であればお薬以外にも日用品や食料品まで取り扱われているでしょうから、いかにその系統のお店が使いやすいかよく分かりますね。

 

各種税金や保険関連

 

ネットで検索してすぐに申し込みをする事ができ、生きていく上で絶対に掛かってくる経費ですし中には支払いを忘れがちになっている方も多いのではないでしょうか?クレジットカードを登録しておけば自動的に処理をしてくれますし、決して安くはない金額で落とされますのでポイント付与もかなり期待できます。

 

ひょっとしたら一年で数万円相当のポイントを所有できるかもしれません。

 


 

いかがでしたでしょうか?もし比較中にこの記事を見た方の中には換金しなくても済む人も少しは居るような気がしてなりません。

続きを読む≫ 2016/12/19 14:11:19

ホーム RSS購読 サイトマップ