ショッピング枠現金化はどうして需要が広まったの?

ショッピング枠現金化はどうして需要が広まったの?

ショッピング枠現金化はどうして需要が広まったの?

2010年の6月に改正賃金業法が完全施行されました。

 

この法改正により、行為規制の強化や過剰な貸し付け規制が強化、利息制限法・出資法が改正され、闇金やサラ金で使われていたグレーゾーン金利を完全に廃止する意味がありました。

 

また、総量規制がされ、個人の借り入れ総額が年収などの3分の1までに制限されることになり、実質借金額に上限が設けられました。

 

この改正賃金業法に伴い、完全に闇金やサラ金のような悪徳業者は消え去るかに思えましたが、それに取って変わるように新たなサービスが注目を浴びるようになりました。

 

それがショッピング枠現金化です。

 

生活維持の為や、一時的にお金が必要だった為だとか、趣味・娯楽の為、消費者金融からお金を借りられなかった方などがこのサービスを利用するそうです。

 

特に多く見られるのが生活維持の為という理由で、「離婚をして離婚調停中なのでお金が足りない」「夫が一時失業した為に生活資金が必要」「生活は苦しいが自己破産はしたくない」などその内容は様々なものとなっています。

 

中でも消費者金融からお金を借りることに抵抗があるという方や、消費者金融からこれ以上借りることができないという理由からショッピング枠現金化しかないという気持ちで利用をしている方が多いようです。

 

しかし、少額での利用ならまだ良いのですが、ショッピング枠ぎりぎりまで利用をしてしまうとクレジットカードを止められてしまう可能性があります。

 

クレジットカード会社の規約に「ショッピング枠を使用した現金化行為は禁止する」という内容の一文が加えられているからです。

 

法律のほうではグレーゾーン金利の撤廃により闇金やサラ金という業者を封じることに成功したものの、ショッピング枠現金化と名前を変えて業者はまだ存在し続けているのです。

 

その為、その温床となっているクレジットカードのショッピング枠を使った現金化行為をクレジットカード会社は自主的に禁じているのです。

 

ショッピング枠現金化業者は高い換金率を売りにしていますが、年利に換算すると利息制限法・出資法で定められた上限年利をはるかに超えた数字となっており、闇金やサラ金よりもはるかに危険な借金を背負うこととなっていることをご存知でしょうか。

 

その為、法を遵守している消費者金融などからお金を借りたほうが安全ですし、総量規制に引っ掛かって消費者金融からもお金を借りられないという方は、借金すること自体が危険ですので、なんとかこういった業者を使用せずにやりくりを行っていくことが大事だと考えます。


ホーム RSS購読 サイトマップ