特定調停は裁判所が関係します

特定調停は裁判所が関係します

特定調停は裁判所が関係します

ショッピング枠現金化で工面する事よりも、減額するという違う視点で債務について考えてみてみませんか?

 

特定調停とは、弁護士や司法書士に依頼する事なく自分自身で裁判所に直接出向いて申請をする事が出来る債務整理の一つの方法です。

 

実際に債務整理についてgoogleやyahooの検索エンジンで調べますと、やたら任意整理や個人民事再生をオススメしている情報比較サイトや弁護士、司法書士の各事務所のホームページが無数に乱立しています。

 

その中で特定調停は比較的小さな扱いで、手続きの説明がされている事が多いのですが、こうした背景については一比較検討者が知る由も無い事かもしれませんが、私の知人に弁護士事務所で勤務している事務員がおりますので、その辺も含めて色々と話を聞く機会は多くあります。

 

実は、この方法ですと個人でも手続きが出来てしまう事から、例え依頼や相談に訪れたとしても事務所側は着手金や報酬額が受け取れなかったり、報酬額が少ない為にあまり受けたがらない事が実情の様です。

 

その為に、士業関係者が主となって手続きが進められる他の債務整理方法での解決方法を提案したり、予め特定調停の場合には受付をしないというところまであるようで、士業事務所は全て良心の塊であるかの様な世間的イメージがありますが、やはり仕事である以上、高いサラリーを得ている理由にはそれなりの理由があると考えられます。

 

例えば、近年流行りの過払い金請求で目立つ事ですが、依頼者が受け取る事が出来る返還額から報酬料金のパーセンテージが設定されている事が多いので、手続きをした割に貸金業者から戻ってきたお金が、依頼した事務所へ右から左へ流れてしまい、想像以上に手元にお金が残らなかったという、少々悪意のある活動をしている事務所もあるようです。

 

裁判所を通すことで債務の減額措置が認められる事になりますので、裁判と言いますと罪を裁くところと単純にイメージをされやすいのですが、様々な事柄について法を持って甲乙を認める決定打として判断を下しています。

 

つまり、この決め事に基づいて返済計画が立てられる訳ですから、手続きをした者が返済を守らないとなれば、相手方である貸金業者は貴方の財産を差し押さえする事が容易にもなってしまう事だけは理解してください。

 

それでも、債務が減額になり専門家への着手金や報酬が無いと考えますと、最も費用負担の少ない債務整理方法が特定調停という方法であると言えるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ